診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引 平成26年4月

診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引

Add: ydosy84 - Date: 2020-12-13 11:40:40 - Views: 1917 - Clicks: 8580

施設基準等の事務手引(平成26年4月版) - 診療報酬算定のための 基本診療料の施設基準等と診療 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 43kb) 125件: 令和 2年12月15日 ・病棟コードマスター (6. 薬価基準改定について(平成26年3月5日) 142KB (別添1)新薬創出・適応外薬解消等促進加算対象品目リスト 164KB. 平成22年4月版; 目次; 基本診療料の施設基準等と診療報酬 9; 基本診療料等の施設基準等(通則事項)【施設基準・第一、第二、第十一. (イ)医療安全対策の実施状況の把握・分析、医療安全確保のための業務改善等の具体的な対策の推進 1. 「【中古】施設基準等の事務手引 診療報酬算定のための 基本診療料の施設基準等と診療 平成26年4月版 /社会保険研究所. ア】医療安全管理者、医療安全管理部門及び医療安全管理対策委員会の活動状況 1. 診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引(医学) - 医科点数表で別に定められている人員や設備・施設などの基準をまとめました。施設基準と定められた疾患等を網羅しています。 診療報酬には、一定の基.

jp: 施設基準等の事務手引 平成26年4月版―診療報酬算定のための 基本診療料の施設基準等と診療: 本. 』の. 平成26年度診療報酬改定関係資料(平成26年3月5日改定説明会資料) 3.

(1)届出保険医療機関(循環器内科又は心臓血管外科を標榜するものに限る。以下この項において同じ。)において、循環器内科又は心臓血管外科の医師が、心大血管疾患リハビリテーションを実施している時間帯において常時勤務しており、心大血管疾患リハビリテーションの経験を有する専任の常勤医師が1名以上勤務していること。この場合において、心大血管疾患リハビリテーションを受ける患者の急変時等に連絡を受けるとともに、当該保険医療機関又は連携する保険医療機関において適切な対応ができるような体制を有すること。なお、週3日以上常態として勤務しており、かつ、所定労働時間が週22時間以上の勤務を行っている専任の非常勤医師(心大血管疾患リハビリテーションの経験を有する医師に限る。)を2名以上組み合わせることにより、常勤医師の勤務時間帯と同じ時間帯にこれらの非常勤医師が配置されている場合には、当該基準を満たしていることとみなすことができる。 (2)心大血管疾患リハビリテーションの経験を有する専従の常勤理学療法士及び専従の常勤看護師が合わせて2名以上勤務していること又は専従の常勤理学療法士若しくは専従の常勤看護師のいずれか一方が2名以上勤務していること。また、必要に応じて、心機能に応じた日常生活活動に関する訓練等の心大血管疾患リハビリテーションに係る経験を有する作業療法士が勤務していることが望ましい。ただし、いずれの場合であっても、2名のうち1名は専任の従事者でも差し支えないこと。また、これらの者については、ADL維持向上等体制加算、回復期リハビリテーション病棟入院料及び地域包括ケア病棟入院料を算定する病棟並びに地域包括ケア入院医療管理料を算定する病室を有する病棟の配置従事者との兼任はできないが、心大血管疾患リハビリテーションを実施しない時間帯において、他の疾患別リハビリテーション、障害児(者)リハビリテーション及びがん患者リハビリテーションに従事することは差し支えない。また、心大血管疾患リハビリテーションとその他のリハビリテーションの実施日・時間が異なる場合にあっては、別のリハビリテーションの専従者として届け出ることは可能である。なお、週3日以上常態として勤務しており、かつ、所定労働時間が週22時間以上の勤務を行っている専従の非常勤理学療法士又は専従の非常勤看護師(心大血管疾患リハビリテーショ. (1)医療安全対策加算の施設基準に係る届出は、別添7の様式35を用いること。 (2)医療安全対策地域連携加算1及び医療安全対策地域連携加算2の施設基準に係る届出は、別添7の様式35の4を用いること。 なお、当該加算の届出については実績を要しない。. (1)医療安全対策加算1に係る届出を行っていること。 (2)当該保険医療機関内に、医療安全対策に3年以上の経験を有する専任の医師又は医療安全対策に係る適切な研修を修了した専任の医師が医療安全管理部門に配置されていること。 なお、ここでいう適切な研修とは、「1」の(1)の「ア」に掲げる研修である。 この場合、「1」の(1)の「ア」の規定に関わらず、当該専任医師が医療安全管理者として配置され、「1」の(1)の「ア」に規定された専従の看護師、薬剤師その他の医療有資格者が医療安全管理部門に配置されていることとしても差し支えない。 (3)他の医療安全対策加算1に係る届出を行っている保険医療機関及び医療安全対策加算2に係る届出を行っている保険医療機関と連携し、それぞれ少なくとも年1回程度、医療安全対策地域連携加算1に関して連携しているいずれかの保険医療機関に赴いて医療安全対策に関する評価を行い、当該保険医療機関にその内容を報告すること。 また、少なくとも年1回程度、当該加算に関して連携している医療安全対策加算1に係る届出を行っている保険医療機関より評価を受けていること。 なお、感染防止対策地域連携加算を算定している保険医療機関については、当該加算に係る評価と医療安全対策地域連携加算1に係る評価とを併せて実施しても差し支えない。 (4)(3)に係る評価については、次の内容に対する評価を含むものである。 1. 診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引 令和2年4月版 ¥5,200 6月予定 isbn社会保険研究所: 診療報酬×薬剤リスト 令和2年版 ¥4,500: 6月予定 isbn: 社会保険研究所 介護保険・医療保険 訪問看護業務の手引 令和2年4月版: ¥3,800 6月予定. (ロ)当該対策や医療安全に資する情報の職員への周知(医療安全対策に係る体制を確保するための職員研修の実施を含む) 1. (4) 1: 特掲診療料の施設基準等の一部を改正する件(告示) 平成30年 厚生労働省告示第45号 pdf 672kb 2: 特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 平成30年3月5日 保医発0305第3号 pdf 13,153kb (5) 1.

72kb) 200件: 令和 2年 4月10日. 施設基準等の事務手引 〈平成26年4月版〉 - 診療報酬算定のための 基本診療料の施設基準等と診療 社会保険研究所 (/06発売) ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。. See full list on recenavi.

See full list on pt-ot-st. 00 (0件) 商品詳細. 【中古】施設基準等の事務手引 診療報酬算定のための 基本診療料の施設基準等と診療 平成28年4月版 /社会保険研究所 (単行本) 0. 【送料無料】。【中古】施設基準等の事務手引 診療報酬算定のための 基本診療料の施設基準等と診療 平成26年4月版 /社会. ア】当該保険医療機関内に、医療安全対策に係る適切な研修を修了した専任の看護師、薬剤師その他の医療有資格者が医療安全管理者として配置されていること。 なお、ここでいう適切な研修とは、「1」の(1)の「ア」に掲げる研修である。 イ】「1」の(1)の「イ」から「カ」までの基準を満たすこと。 (2)「1」の(2)及び(3)の基準を満たすこと。. (ハ)当該対策の遵守状況の把握 2. 施設基準等の事務手引 : 診療報酬算定のための : 基本診療料の施設基準等と診療報酬・特掲診療料の施設基準等と診療報酬. なお、特掲診療料の施設基準等別表第九の六第二号に掲げる患者については、手術を実施したもの及び急性増悪したものを除き、「注2」に掲げる加算は算定できない。ただし、平成28 年3月31 日以前から当該加算を算定している患者については、当該加算の.

令和 2年 9月 1日 ・歯科診療行為マスター: 令和 2年12月15日 ・歯式マスター (6. 【中古】施設基準等の事務手引 診療報酬算定のための 基本診療料の施設基準等と診療 平成26年4月版 /社会保険研究所 (単行本) 0. レセプト算定ナビのe-診療報酬点数表では平成30年版医科点数表(基本診療料の施設基準等:病院の入院基本料等に関する施設基準(月平均夜勤時間超過減算による入院基本料及び夜勤時間特別入院基本料を算定する病棟))のほか、算定点数、厚労省告示、通知、施設基準、事務連絡(疑義. 商品番号:診療報酬算定のための施設基準等の事務手引 平成28年4月版.

―診療情報提供料算定のため. 労災診療等の手引(年4月版). 6: 大きさ、容量等: 1499p ; 26cm: 注記. 年08月10日頃発売 | 医科点数表で別に定められている人員や設備・施設などの基準をまとめました。施設基準と定められた疾患等を網羅しています。 診療報酬には、一定の基準(施設基準)を満たし、届け出ることによって、はじめて点数が算定できる項目があります。 本書は、この施設. 施設基準等の事務手引 : 診療報酬算定のための 社会保険研究所編 社会保険研究所, 1992. 診療報酬点数の算定方法を分かりやすく網羅した一冊。. 12- 平成4年度版 平成6年度版 平成10年10月版 平成12年4月版 平成14年10月版 平成16年4月版 平成18年10月版 平成20年10月版 平成22年4月版 平成24年4月版 平成26年4月版 平成28年4月版 平成30年4月版.

(1)H000 心大血管疾患リハビリテーション料心大血管疾患リハビリテーション料は、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届出を行った保険医療機関において算定するものであり、心機能の回復、当該疾患の再発予防等を図るために、心肺機能の評価による適切な運動処方に基づき運動療法等を個々の症例に応じて行った場合に算定する。なお、関係学会により周知されている「心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(年改訂版)」に基づいて実施すること。 (2) 心大血管疾患リハビリテーション料の対象となる患者は、特掲診療料の施設基準等別表第九の四に掲げる対象患者であって、以下のいずれかに該当するものをいい、医師が個別に心大血管疾患リハビリテーションが必要であると認めるものであること。 (3)心大血管疾患リハビリテーション料の標準的な実施時間は、1回1時間(3単位)程度とするが、入院中の患者以外の患者については、1日当たり1時間(3単位)以上、1週3時間(9単位)を標準とする。 (4)心大血管疾患リハビリテーションは、専任の医師の指導管理の下に実施することとする。この場合、医師が直接監視を行うか、又は医師が同一建物内において直接監視をしている他の従事者と常時連絡が取れる状態かつ緊急事態に即時的に対応できる態勢であること。また、専任の医師は定期的な心機能チェックの下に、運動処方を含むリハビリテーションの実施計画書を作成し、診療録に記載又は添付すること。この場合、入院中の患者については、当該療法を担当する医師又は理学療法士、作業療法士及び看護師の1人当たりの患者数は、それぞれ1回15人程度、1回5人程度とし、入院中の患者以外の患者については、それぞれ、1回20人程度、1回8人程度とする。 (5)当該リハビリテーションと他の疾患別リハビリテーション及び集団コミュニケーション療法を同一の従事者が行う場合、心大血管疾患リハビリテーションに実際に従事した時間20分を1単位としてみなした上で、他の疾患別リハビリテーション等の実施単位数を足した値が、従事者1人につき1日18単位を標準とし、週108単位までとする。 (6)心大血管疾患リハビリテーション料の所定点数には、同一日に行われる区分番号「D208」に掲げる心電図検査、区分番号「D209」. 診療報酬では、人員・設備等の基準(施設基準)を満たし地方厚生(支)局に届け出ることが要件となる診療行為が増加しています。 本書は、この施設基準の全内容を収載しています。医療機関の経営管理に携わる方々にとって、自院の方向性をふまえながら、最適な施設基準を取得するため. 診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引 令和2年4月版のご紹介。社会保険研究所では、医療保険、健康保険、年金、健康・生活、介護・福祉などに関する書籍を販売しております。. Amazonでの診療報酬算定のための 診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引 平成26年4月 施設基準等の事務手引 (平成30年4月版)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引 平成26年4月版 ―目次― 基本診療料の施設基準等と診療報酬 特掲診療料の施設基準等と診療報酬 付 厚生労働大臣が定める疾患等(特掲診療料). 「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成26年 3月5日保医発0305第1号)の別添3の第26の4及び「平成26年度診療報酬改定関連通 知の一部訂正について」(平成26年3月28日厚生労働省保険局医療課事務連絡)におい. 年8月25日 年10月14日 2分 医療機関は定められた基準に基づいて届出をすることでその施設基準に合った診療報酬が請求出来ます。 ですので施設基準の管理というのはまさに医療機関の根幹をなす非常に重要な部分です。. 33kb) 915件: 平成23年10月 3日 ・調剤行為マスター (6.

(1)届出保険医療機関において、心大血管疾患リハビリテーションを実施する時間帯に循環器内科又は心臓血管外科を担当する医師(非常勤を含む。)及び心大血管疾患リハビリテーションの経験を有する医師(非常勤を含む。)が1名以上勤務していること。 (2)心大血管疾患リハビリテーションの経験を有する専従の理学療法士又は看護師のいずれか1名以上が勤務していること。また、必要に応じて、心機能に応じた日常生活活動に関する訓練等の心大血管疾患リハビリテーションに係る経験を有する作業療法士が勤務していることが望ましい。ただし、専従者については、ADL維持向上等体制加算、回復期リハビリテーション病棟入院料及び地域包括ケア病棟入院料を算定する病棟並びに地域包括ケア入院医療管理料を算定する病室を有する病棟の配置従事者との兼任はできないが、心大血管疾患リハビリテーションを実施しない時間帯において、他の疾患別リハビリテーション、障害児(者)リハビリテーション及びがん患者リハビリテーションに従事することは差し支えない。また、心大血管疾患リハビリテーションとその他のリハビリテーションの実施日・時間が異なる場合にあっては、別のリハビリテーションの専従者として届け出ることは可能である。 (3)専用の機能訓練室(少なくとも、病院については、内法による測定で、30平方メートル以上、診療所については、内法による測定で、20平方メートル以上)を有していること。専用の機能訓練室は、当該療法を実施する時間帯以外の時間帯において、他の用途に使用することは差し支えない。また、当該療法を実施する時間帯に、他の疾患別リハビリテーション、障害児(者)リハビリテーション又はがん患者リハビリテーションを同一の機能訓練室で行う場合には、それぞれの施設基準を満たしていれば差し支えない。それぞれの施設基準を満たす場合とは、例えば、心大血管疾患リハビリテーションと脳血管疾患等リハビリテーションを同一の時間帯に実施する場合には、機能訓練室の面積は、それぞれのリハビリテーションの施設基準で定める面積を合計したもの以上である必要があり、必要な器械・器具についても、兼用ではなく、それぞれのリハビリテーション専用のものとして備える必要があること。 (4)平成26年3月31日において、現に当該リハビリテーション料の届出を行っている保険医療機関に. 疑義解釈(その1)令和2年3月31日 【障害児(者. ア】当該保険医療機関内に、医療安全対策に係る適切な研修を修了した専従の看護師、薬剤師その他の医療有資格者が医療安全管理者として配置されていること。 なお、ここでいう適切な研修とは、次に掲げる全ての事項に該当するものをいう。 また、既に受講している研修がこれらの事項を満たしていない場合には、不足する事項を補足する研修を追加受講することで差し支えない。 (イ)国及び医療関係団体等が主催するものであること。 (ロ)医療安全管理者としての業務を実施する上で必要な内容を含む通算して40時間以上のものであること。 (ハ)講義又は具体例に基づく演習等により、医療安全の基礎的知識、安全管理体制の構築、医療安全についての職員に対する研修の企画・運営、医療安全に資する情報収集と分析、対策立案、フィードバック、評価、事故発生時の対応、安全文化の醸成等について研修するものであること。 イ】医療に係る安全管理を行う部門(以下「医療安全管理部門」という。)を設置していること。 ウ】医療安全管理部門の業務指針及び医療安全管理者の具体的な業務内容が整備されていること。 エ】医療安全管理部門に診療部門、薬剤部門、.

ア】安全管理部門の業務に関する企画立案及び評価を行うこと。 イ】定期的に院内を巡回し各部門における医療安全対策の実施状況を把握・分析し、医療安全確保のために必要な業務改善等の具体的な対策を推進すること。 ウ】各部門における医療事故防止担当者への支援を行うこと。 エ】医療安全対策の体制確保のための各部門との調整を行うこと。 オ】医療安全対策に係る体制を確保するための職員研修を企画・実施すること。 カ】相談窓口等の担当者と密接な連携を図り、医療安全対策に係る患者・家族の相談に適切に応じる体制を支援すること。. 施設基準等の事務手引 : 診療報酬算定のための : 基本診療料の施設基準等と診療報酬・特掲診療料の施設基準等と診療報酬: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 社会保険研究所: 出版年月日等:. 診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引 令和2年4月版: 発売: 社会保険研究所: 編者: 社会保険研究所: 発行時期 : 年6月: 体裁 : b5・1520頁: isbn:. 定価: 5,280円 (4,800円+税) 著者名:社会保険研究所 出版社:社会保険研究所. (1)医療安全対策加算2に係る届出を行っていること。 (2)医療安全対策加算1に係る届出を行っている保険医療機関と連携し、少なくとも年1回程度、医療安全対策地域連携加算2に関して連携しているいずれかの保険医療機関より医療安全対策に関する評価を受けていること。 なお、感染防止対策地域連携加算を算定している保険医療機関については、当該加算に係る評価と医療安全対策地域連携加算2に係る評価とを併せて実施しても差し支えない。 (3)(2)に係る評価については、「3」の(4)に掲げる内容に対する評価を含むものである。.

ア】各部門における医療安全対策の実施状況の評価に基づき、医療安全確保のための業務改善計画書を作成し、それに基づく医療安全対策の実施状況及び評価結果を記録していること。 イ】医療安全管理対策委員会との連携状況、院内研修の実績、患者等の相談件数及び相談内容、相談後の取扱い、その他の医療安全管理者の活動実績を記録していること。 ウ】医療安全対策に係る取組の評価等を行うカンファレンスが週1回程度開催されており、医療安全管理対策委員会の構成員及び必要に応じて各部門の医療安全管理の担当者等が参加していること。. 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、別に厚生労働大臣が定める患者に対して、当該保険医療機関の保険医、看護師、臨床工学技士、理学療法士等が共同して、人工呼吸器の離脱のために必要な診療を行った場合に. 施設基準等の事務手引 〈平成30年4月版〉 - 診療報酬算定のための 価格 ¥5,280 (本体¥4,800) 社会保険研究所 (/08発売). 『施設基準等の事務手引 診療報酬算定のための 基本診療料の施設基準等と診療 平成24年4月版 /社会保険. 令和2年3月5日保医発0305第1号 診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知) 【厚生労働省説明:改正箇所赤字】 診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について. 漁港漁場関係工事共通8500h21年12月20日更新 追補。 24、-、ー、ニコチン依存症管理料情報10掲載;「定年再考」平成20年4月版追補 10、24・追補 16掲載;「施設基準等事務手引」平成24年4月版23 年11月6日施設基準等事務手引,研修開催とついて年2月8日更新。.

診療報酬算定のための施設基準等の事務手引 平成30年4月版.

診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引 平成26年4月

email: emocok@gmail.com - phone:(565) 438-9275 x 9113

初級地方公務員合格問題 2007年度版 - 受験研究会 - グローバル

-> 忘れてしまった中学の英語を復習する本 実践編 - 島田浩史
-> 指導者のための新・水泳指導論 - 鶴峯治

診療報酬算定のための 施設基準等の事務手引 平成26年4月 - トラブル研究 市川みさこ 絵でわかる窓口のミス


Sitemap 1

源氏物語宇治十帖の企て - 関根賢司 - シナリオライター 山中伊知郎 放送作家になるには